結婚式のプライスレスな価値

ゲストと共に式を作ろう

ゲスト参加型、といっても、何に参加してもらえばいいのでしょうか?
取り入れやすいものとしては、ゲストにフィンガープリントをしてもらうウエディングアイテムでしょうか。
ボードに枝だけ書いておいて、ゲストのフィンガープリントで葉を描いてもらいます。
風船の紐だけ書いておいて、風船を入れてもらうのもかわいいですね。
フィンガープリントと一緒に名前も入れてもらえば、素敵な思い出となるでしょう。
海外では、ブライズルームやアッシャーといって、友人数名に式の準備を手伝ってもらったり、当日おそろいの衣装を着たりします。
これと同じような感じで、友人がサプライズビデオを作ったり、ゲームの手伝いをしたりと、結婚式を友人達と共に作り上げていくやり方もあります。

ゲストみんなが楽しめるように

結婚式のゲストは、年代がバラバラです。
ゲスト参加型の結婚式といって、若い世代しか知らないようなことをすれば、楽しめない人もでてきます。
友人に参加してほしいと、あれこれ頼めば、それはただの負担となり、不満だけが残ることになりかねません。
ゲストが心地よく過ごせて、尚且つ、つながりが感じられる結婚式となるといいですね。
ゲストに参加してもらったり、友人に頼みごとをするときは、みんなで楽しみたい、というお二人の気持ちをしっかり伝えましょう。
シェアド婚にしたいからと、イベントを企画しなくても、例えば、リボンや小さな花などを用意して、ゲスト全員にそれを身に着けてもらうなど、負担をかけず、みんなで楽しめる方法もあります。

みんなで作り上げる結婚式は、祝福と感謝の詰まった最高にコスパな結婚式となるのではないでしょうか。