費用を抑えて、二人らしさを!

ウエディングアイテムを手作りしよう

ウエディングアイテムの手作りというと、真っ先に思い浮かぶのは、ペーパーアイテムではないでしょうか?
ネット上の素材集やフォントを使えば、素敵な招待状や席次表が簡単に作成できます。
席札に一言メッセージを加えれば、ゲストの方も喜ばれるでしょう。
こうした、ゲスト一人ひとりと向き合ったおもてなしができるのも、手作りならではではないでしょうか。
ウエルカムボードは、一番お二人らしさを演出できるアイテムかもしれません。
お二人の趣味をテーマにしたり、子供の頃の写真をのせたり、ゲストへの感謝の気持ちを伝えたり。
手作りのウエルカムボードは、式の前の時間などにゲストの方々に楽しんでもらえるでしょう。
少し難易度はあがりますが、リングピローやアクセサリ―も手作りアイテムとして人気です。
こちらは、一から自分で、となると大変なのでキットを利用するといいかもしれません。

こんなものも手作りできる!

「アイルランナー」という言葉をご存知でしょうか?
ヴァージンロードにひかれている布のことです。
ヴァージンロードは、花嫁の一生を表している神聖な道です。
花嫁は、これまでの自分の人生、そしてこれからの自分を想いながら、一歩一歩新郎の元へと近づいていくのです。
最近、このヴァージンロードにひくアイルランナーの手作りが注目され始めています。
業者に頼むこともできますが、実は簡単に手作りすることもできるのです。 
用意するのは、ヴァージンロードの幅と長さの布。そして、アイロン転写のできるシートです。
写真や文字をプリントして、転写してもいいし、手書きで文字や絵を入れても素敵です。
結婚式のクライマックスともいえるヴァージンロードを、お二人の手作りのアイルランナーで飾ってみませんか?

式場に、持ち込みが可能か、あらかじめ確認してください。